妻が書きました

繰り上がりの足し算――認知特性に合わせた学び方

妻(yuheimama)です。この夏休み、悠平は繰り上がりの足し算を習得すべく、学習を続けています。 繰り上がりをなかなか理解できない悠平にも分かりやすい教材はないものかといろいろと探しました。国語を継続している四谷学院の療育55段階は繰り上がりでつ…

夏休み突入!

妻(yuheimama)です。1学期があっという間に終了し、夏休みが始まりました。長~い夏休み、悠平にとって有意義かつ私にとってストレスフルにならないよう、過ごし方を考えておきました。 悠平は生活習慣へのこだわりが強いため、これまで放課後等デイサービ…

11歳になりました

妻(yuheimama)です。悠平は6月、11歳になりました。当日、学校ではクラスで「ハッピーバースデー」を歌ってもらい、放課後等デイサービスでは写真入りバースデーカードをプレゼントしてもらってご機嫌で帰宅しました。家では、かねてから誕生日にリクエス…

キャラクターTシャツの効用

妻(yuheimama)です。先日、悠平にミッキーマウスの半袖Tシャツを買いました。悠平は自分で選んで買ったTシャツをとても気に入って、それを着て登校。学校や放課後デイでうれしそうに話していたとのことです。これまで悠平の洋服は、私が選ぶか、ネットで在…

映画『ぼくと魔法の言葉たち』と原作『ディズニー・セラピー』

妻(yuheimama)です。少し前になりますが、都内の映画館でドキュメンタリー映画『ぼくと魔法の言葉たち』を観ました。主人公は自閉症の米国人青年、オーウェン・サスキンドさん。大好きなディズニー映画のセリフによってコミュニケーションがとれるようにな…

パニック・フリー in 北九州

妻(yuheimama)です。今年のゴールデンウイーク、3泊4日で北九州に旅行しました。主目的は悠平の祖父の法事です。yuheipapaは北九州の出身で、法事を機に、yuheipapaの育った地域を散策したり、観光を組み合わせたりと盛りだくさんの日程でした。1日目は移…

ドキュメント「箸への道」

妻(yuheimama)です。悠平は春休みから、箸の練習をしています。振り返れば就学前、洗濯ばさみやトング、ピンセットで挟む動作の練習を重ね、エジソン箸という補助箸に移行しました(「療育から実生活へ―箸の練習を始めました」を参照ください)。小1でエジ…

驚きの寿司ネタ

妻(yuheimama)です。悠平、5年生になりました。春休みにはアニメ映画『SING』『レゴ・バットマン』を見に行ったり、yuheipapaと乗り鉄して埼玉・秩父方面へ行ったりと、楽しく過ごすことができました。休み中にはいつものように、図書館へも行きました。身…

世界自閉症啓発デーに寄せて――療育の効果

妻(yuheimama)です。世界自閉症啓発デー、発達障害啓発週間にあたり、今回は療育、特に幼児期の早期療育を取り上げたいと思います。 【はじめに】 自閉症を告知された場合、ほとんどのお子さんは療育を受けることになる思います。療育機関には、地域の福祉…

検温

妻(yuheimama)です。先週、悠平が風邪を引いて熱を出しました。日に何度か検温するうちに、「僕が自分でやる」と言うようになりました。考えてみれば体温計を脇に挟むだけのこと、これまでに何度も経験しているのでやらせてみることにしました。電子体温計…

お金の数え方

妻(yuheimama)です。夏休みから徐々に進めているお金学習。「これは難しいかな」というところを難なくクリアしたと思ったら、「これが分かるなら、これも分かるだろう」という私の先入観を打ち破って、思わぬところでつまずいたりしています。夏休み以降、…

思い出し笑い

妻(yuheimama)です。先日、悠平の授業参観に行ってきました。参観したのは体育と国語・算数です。以前、体育を参観した際には、授業の最中に「お母さ〜ん、僕、頑張ってるよ〜!」と母に向かって呼びかけてきた悠平ですが、今年は授業に集中。時に真剣に、…

こだわり2種をクリア!

妻(yuheimama)です。生活習慣と乗り物へのこだわりが殊に強い悠平。こだわりを崩すには年単位での働きかけが必要ですが、この冬、手強かったこだわり2種類をクリアすることができました。一つは、放課後等デイサービスの送迎車に自宅から乗れるようになる…

冬休みのOTにて

妻(yuheimama)です。新学期が始まって早1週間。ようやくいつものペースが戻ってきました。今回は冬休みに行ったクリニックでのOT(作業療法)での出来事を紹介します。その日は、夏休み以来約5か月ぶりのOT(作業療法)でした。病院に向かう途中、悠平は「…

悠平語録2016

妻(yuheimama)です。今年も残りわずかとなりました。毎年恒例というわけではありませんが、今年印象に残った悠平語録を紹介します。・ある日、私がキッチンで作業をしていたときのこと。リビングに置きっぱなしにしておいたCDを見た悠平が尋ねてきました。…

2016年の療育・学習を振り返るーー「反応」と「思考」

妻(yuheimama)です。冬休みに入り、いきなり風邪を引いてしまった悠平。外出を控えたことによって、録画していたアニメ映画を見まくり、パソコンを思う存分やることができて、それはそれで幸せそうなクリスマス三連休を過ごしました。一方、私はこの時期に…

太郎先生トリビュート

妻(yuheimama)です。先日、岡本太郎先生を敬愛する悠平が冬休みに遊べるよう、カラー粘土を買ってきました。私が「冬休みに遊ぼう」と言ったにもかかわらず、悠平は買ったその日にやる気満々。ニコニコ笑顔で「何作ろっか〜」「太郎先生の(作品)」と、太…

こだわり・思い込みにはスルー

妻(yuheimama)です。先日、悠平の学校では年に一度のお楽しみ、レストラン学習が行われました。この学習は、公共の交通機関を利用して目的地まで行き、レストランで注文・食事をして、マナー等を学ぶという体験学習です。今回訪れたのは中華レストラン。悠…

『療育なんかいらない!』って、どういうこと⁉

妻(yuheimama)です。先日、刺激的なタイトルの本を発見しました。その名も『療育なんかいらない!』。これは療育ママを自認する身としては、看過できません。タイトルから、これは私に対する挑戦状かと勝手に意気込んで読み始めたのですが、結果的にはおも…

備忘録:相模原障害者殺傷事件(2)

【匿名報道】 プライバシー保護、遺族の意向を理由に、被害者の実名が公表されていません。「亡くなっても差別されている」(毎日新聞9月22日)と障害者自身から批判する声が上がる一方、遺族の心情や取材記者の葛藤もあるようです。・藤井克徳=20歳以下な…

備忘録:相模原障害者殺傷事件(1)

神奈川県相模原市の障害者殺傷事件から3カ月が経ちました。国は再発防止のため、措置入院のあり方などを検討していますが、障害者・家族・関係者らからは、優生思想や障害者差別に対する批判が上がっています。 事件を振り返り、今後の展開を考える上での手…

ついに腕時計

妻(yuheimama)です。10月の連休を利用して、家族旅行で名古屋に行きました。名古屋では「リニア・鉄道館」を見学。ミュージアムショップで、悠平用に新幹線の腕時計を購入しました。悠平が時計を読めるようになるまでには、長い道のりがありました。まずは…

「親亡き後」を考える終活講演会

妻(yuheimma)です。先日、NPO法人ら・し・さ主催の「本当に役立つ 終活のはなし」という講演会に参加しました。NPO法人ら・し・さは、エンディングノートや、以前のエントリー「久しぶりのブックレビュー(1)――読書週間に寄せて」で紹介した『親亡きあと…

読書の秋に先駆けて

妻(yuheimama)です。ここ数日、秋雨前線の影響か、だいぶ涼しくなったように感じます。そこで、読書の秋に先駆けて、夏休みを中心にここ数カ月で読み聞かせた絵本の中から、悠平が大いにハマった3冊を紹介したいと思います。まずは『さばくのくいしんぼ』…

夏休みを振り返って

妻(yuheimama)です。夏休み中、放課後等デイサービスは週に1回だけと、頑な態度を崩さなかった悠平(「さぁ、夏休み――こだわりの放課後等デイサービス」を参照ください)。しかもプール登校日は4回のうち3回が悪天候で中止に。結局、週に5日前後は二人だけで…

夏休みの家庭療育&家庭学習

妻(yuheimama)です。夏休みの家庭療育・家庭学習は、毎日30分程度、取り組んでいます。まず、目と手の協応・手先の微細運動の課題として、日替わりでブロックやパズル。ブロックは昨年と同じ課題ですが、明らかに昨年よりもどの向きでどのピースを使うかと…

サーカス! サーカス! サーカス!

妻(yuheimama)です。夏休みの初日、悠平と私は、ロシアの国立ボリショイサーカスを観に行きました。悠平は前日から「サーカス、楽しみ!」と何度も言っていました。当日はあいにくの雨でしたが、長靴に傘を差し、地下鉄を乗り継いで、会場の東京体育館へ。…

相模原・障害者施設殺傷事件

妻(yuheimama)です。7月26日、神奈川県相模原市の障害者施設において、多数の障害者が殺傷される事件が起きました。犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、被害に合われた方々の回復を心よりお祈り申し上げます。この事件の第一報を聞いたとき、強い恐怖と…

さぁ、夏休み――こだわりの放課後等デイサービス

妻(yuheimama)です。ついに夏休みが始まってしまいました。できるだけ用事やイベントを考えて、家に悠平と二人、こもりきりにならないようにしたいと思っています。悠平は週に1回、放課後等デイサービスを利用しています。夏休みの間だけでも週に2回に増や…

初めてのお泊まり

妻(yuheimama)です。先日、悠平の学校では小学部4年生を対象とした宿泊学習が行われました。1泊2日の日程で学校内に泊まりしました。悠平は何日も前から大張り切り。同級生と一緒に買い出しに行き、カレーライスを作って食べ、お風呂に入り、花火をやって…

10歳になりました

妻(yuheimama)です。今月、悠平は10歳の誕生日を迎えました。身長49センチで生まれた悠平は、今では3倍近くの背の高さとなり、152センチの母はもうすぐ追い越されそうな勢いです(ちなみに靴のサイズはすでに抜かれています)。今年の誕生日プレゼントは、…

「恥ずかしい」の教え方

妻(yuheimama)です。過去のエントリーでも触れましたが、「恥ずかしい」という抽象概念の理解に困難がある悠平(「難しい説明」を参照ください)。これは、例えば「うれしい」「楽しい」が、自分自身の感情の動きであるのに対し、「恥ずかしい」は他者の視…

くっつき問題

妻(yuheimama)です。悠平は、四月下旬から集中的に学習して、国語のくっつき問題「は・へ・を」の使い分けをクリアしました。以前から、絵本を読むときには読み分けられていたのですが、あらためて文法問題として出題されると混乱していました。使い分けの…

「福祉避難所」報道にわが身を置き換えて

妻(yuheimama)です。熊本地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。被災された多くの方々が避難生活を余儀なくさている中、新聞報道等で「福祉避難所」が十分に機能していない実態や避難所に入れない発達障害者や当事者家族に関する記事を読み…

ある新聞記事から

妻(yuheimama)です。4月1日に障害者差別解消法が施行されました。そのためか3月下旬から4月にかけて、新聞では障害児者に関連する記事の掲載が例年に比べて多い印象を受けます。今回はその中で、私が共感した記事を紹介し、考えたこと、感じたことを書き留…

自閉の本丸ーー世界自閉症啓発デーに寄せて

妻(yuheimama)です。今年も世界自閉症啓発デーを迎えました。毎日、一緒に暮らしていても、なかなか手強い自閉症。そんな自閉症について、少しでも理解が進むことを願って、これからも自分たちにできる範囲ではありますが、情報発信を続けていきたいと思っ…

「たかが10分、されど10分」のその後

妻(yuheimama)です。いよいよ春休み。進級に備え、よく遊び、よく学ぶ日々を送りたいものです。休み中は、放課後等デイサービスのほか、映画や図書館へのお出かけも検討中です。今回は、秋に放課後デイで始めた宿題について振り返りたいと思います(宿題に…

長風呂あるいはカラスの行水

妻(yuheimama)です。今年に入り、一人入浴を始めた悠平(「一人でお風呂――思春期へ向かう第一歩」を参照ください)。今も、入浴中は私が脱衣所で待機しています。待機中、本を読んでいることが多いのですが、本に気を取られていると、結構な時間が経ってい…

好きな○○

妻(yuheimama)です。先日、取り組んだ課題に自分の好きなもの・苦手なものについての設問がありました。悠平は、好きな乗り物を「伊豆箱根鉄道」、好きな場所を「バスの営業所」となかなかマニアックに答えていました。好きな色は「むらさき」と言ったもの…

難しい説明

妻(yuheimama)です。急に暖かくなったと思ったら、また寒くなったりと寒暖差の激しい日々が続いています。東京ではインフルエンザの流行が警報レベルに達し、まだまだ手放せないのが加湿器です。middle×Disney 超音波式加湿器 ブラウン DS-KW1201(BR)出版…

読書の始まり

妻(yuheimama)です。先日、いつものように図書館で絵本を借りてきました。いつもなら、帰宅してすぐか、その日の夜に読み聞かせをリクエストする悠平が、その日はリクエストをしませんでした。どうしたことかと思っていたら、悠平は自分で絵本を読んでいま…

どうにも止まらない

妻(yuheimama)です。初診時、「一生しゃべれないかもしれない」と言われた悠平が、今ではちょっと文法がおかしいものの、ずいぶんとしゃべれるようになりました。絵本の読み聞かせやST(言語)療育、さらにはYou Tubeで興味のある動画を視聴しては口まねを…

ガチャポン効果?

妻(yuheimama)です。冬休み中、家庭学習では国語・算数の前に手を使う課題を一つ取り入れていました。悠平は手首から先の動きが堅く、不器用なためです。具体的には、ST(言語)から提案された、定規で線を引いたり、穴あけパンチを使うといった、文房具の…

一人でお風呂――思春期へ向かう第一歩

妻(yuheimama)です。3学期が始まりました。冬休みにはyuheipapaとたくさんお出かけし、私とは仕方なく(?)お勉強をした悠平。生活面では、新たにチャレンジしたことがあります。一人入浴です。悠平の学校では、授業に乾布摩擦を取り入れていて、その手順…

2016年 あけましておめでとうございます

妻(yuheimama)です。新年あけましておめでとうございます。ただ今、冬休み真っ最中の悠平。学校から出された課題「冬休みの目標」では、お手伝い、運動、身辺自立、学習の項目を立てています。年末はバタバタとして、本当はお手伝いをしてほしいのだけれど…

今年読んだ本

妻(yuheimama)です。今年も残り僅かになりました。そこで、今年読んだ本を振り返ってみました。これまでは悠平と歩むために自閉症や療育関連の本を中心に読んできたのですが、今年は自閉症に限らず、障害児者と当事者家族を取り巻く環境について考えるため…

yuheipapaも参観できるか?――フェスタ

妻(yuheimama)です。先月、悠平の通う学校で「フェスタ」と呼ばれる発表会がありました。学年ごとに、音楽・運動・学習の要素を取り込んだ劇の発表会です。「土日は休日」と習慣付いている悠平が土曜日に開催される行事に参加するまでには、長い道のりがあ…

撤回後も残る心のざわつき――茨城県教育委員の障害児出産「減らしていける方向に」発言

妻(yuheimama)です。先日、ある新聞記事に目が釘付けになりました。茨城県の教育委員が特別支援学校を視察し、障害児出産を「茨城県では減らしていける方向になったらいい」と発言したというのです。その後の取材でこの委員は「言葉が足らなかった」とし、…

ST、いったん終了

妻(yuheimama)です。昨年6月から、クリニックで月に1〜2回の頻度で受講してきたST(言語)の療育が終了しました。今後は3〜4カ月に1回、フォローアップという形式で受講をしていきます。STに関しては、以前から「受講から1年経過したあたりで、支援の見直…

たかが10分、されど10分

妻(yuheimama)です。先月、悠平が週に1回通っている、放課後等デイサービスで個別支援計画更新のための個別面談が行われました。悠平がスタッフさんやお友達と安心して楽しく過ごしている様子を伺うことができ、私も一安心しました。面談の中で、デイサー…