買い物練習継続中

 妻(yuheimama)です。知的障害児者にとって、お金の理解・使い方は難しいものです。まず、何かを買うときにはお金を支払う必要があることの理解、紙幣や硬貨の種類と価値の理解、支払いには代金と同額以上のお金が必要であることの理解、さらにできれば、紙幣や硬貨を適切に組み合わせて支払うスキルが必要です。どこまで対応が可能かは人それぞれで、対応が難しい部分には支援が必要となります。

 悠平は昨年の夏休み、放課後等デイサービスでスーパーに昼食を買いに行き、代金706円のところ700円を出し、不足金額についてスタッフに助言していただきました。

 2カ月前に行った美容院では、代金を聞く前に、財布に入っていたお金を全部出して渡そうとしたので、まず代金を聞いてから支払い方を考えるように母が伝えました。悠平は、代金と同額以上のお金が必要であることの理解があやふやな場合があり、紙幣や硬貨の組み合わせには練習が必要な状態です。

 そこで夏休みの家庭学習で取り組んでいるのが、題して「リアルお買い物ごっこ」。久しぶりの手作り教材です。まず、宅配で頼んでいる食材のカタログから野菜や肉の価格付き写真を切り取ります。切り取った紙はそのまま使ってもよいのですが、ペラペラで扱いにくそうだったので、時々ポストに投函されている薄いマグネットに貼り付け、お菓子の缶の蓋にくっつけて並べました。

何を買うかのミッションは、カードに手書き。以前、読み取りの問題で「じゃがいも、にんじん、豚肉」で作る料理を尋ねたら、「野菜炒め」「お好み焼き」との答えが返ってきてびっくりしたので、今回はカードに「肉じゃが」「麻婆豆腐」「サラダ」等を書いて、必要な材料を考えて買うように指示しました。選んだ食材の代金は、悠平の目の前で、レジ代わりに電卓で計算。代金の支払いは子ども銀行の結構リアルなお金を使います。

 最初のミッションはサラダの材料。悠平、かぼちゃと鶏肉とトマトを選択。わざと選んだのかまじめに選んだのか母には判断がつかず、「お家のサラダにかぼちゃと鶏肉、入っている?」と尋ねると、「入ってなーい」とニヤ~としています。かぼちゃと鶏肉を戻して、レタスと大根を選びなおしました。母はレタス、きゅうり、トマトを想定していたのですが、大根サラダでもOKです。支払いには、2000円前後を紙幣と硬貨で用意。悠平は紙幣の枚数で迷うことはないのですが、硬貨が多すぎたり少なすぎたりしてしまいます。悠平は遊び感覚のこの課題がとても気に入ったようなので、硬貨の組み合わせに苦手意識を持たないように調整しながら続けていこうと思っています。

 そして支払い実践編。今月、美容院に行った際、再び支払いにチャレンジ。カット料金が税込み3520円だと分かっていたので、悠平の財布には1000円札3枚と500円玉1枚、10円玉をあえて5枚入れ、確認させておきました。レジでまず代金を聞き、トレーに1000円札を3枚広げ、続いて500円玉、最後に「10円、20円」と数えながらぴったり支払うことができました。前回、有り金を全部出そうとしたことを覚えていたのか、レジに立っていた美容師さんも一緒になって「10円、20円」と声がけをしてくださいました!

 日常生活の中にある体験機会を大切に、これからも一つずつ、学習と体験を積み重ねていきたいと思います。

高等部の夏休み

 妻(yuheimama)です。悠平、夏休みに入り、家庭+週3日の放課後等デイサービス通所を軸に過ごしています。高等部に入学して初めての夏休み、これまでと少し違うのが宿題の内容と高等部卒業後を見据えた進路関連の見学予定が入っていることです。

 中学部での宿題は漢字や計算・文章題のプリントが中心で、「お手伝いにも取り組みましょう」という呼びかけがありました。高等部では東京都教育委員会の一人一端末という方針で配布されたiPadに計算・文章題などがファイル化され、タブレットに直接、回答を入力しています。また、お手伝いが職業の宿題として出され、毎日記録しています。悠平は、朝の食器洗い、洗濯物を干す・たたんで片付ける、風呂掃除に取り組んでいます。さらに、放課後等デイサービスにお弁当を持参した日は、デイでお弁当箱を洗って持ち帰ってくるので、母も楽ちん! 悠平の自立支援と母の家事負担軽減の一石二鳥です。

 進路関連の見学は、夏休み開始早々に学校主催の見学会があったので、悠平と二人で参加してきました。知的障害校高等部卒業後の主な進路としては、「企業就労(障害者雇用)」、企業就労を目指しての訓練を行う「就労移行支援」、支援付きで作業等を行う「就労継続支援B型」、介助付きで創作活動等を行う「生活介護」、「進学」(専攻科、専門学校等)などがあります。今回参加したのは、徒歩圏内にある就労移行支援と就労継続支援B型を同じ施設内で運営する多機能事業所でした。悠平に感想を尋ねると「近くてよかった」と、作業内容とは無関係のコメントが返ってきました(苦笑)。どのような進路が悠平に合っているのか、これから本格的に考えていかなければなりません。

 新型コロナの感染者数が急増しているため、お出かけには慎重にならざるを得ませんが、夏休みならではのお楽しみと将来につながる活動を少しずつ積み重ねていきたいと思います。もちろん、長期休暇恒例のアイロンビーズも制作中。悠平は制作するたびに、iPadで撮影しています!

yuheipapa.hatenablog.com

16歳になりました

 妻(yuheimama)です。悠平は先日、誕生日を迎えて16歳になりました。誕生日のプレゼントは本人からのリクエストで、現在放送中の仮面ライダーリバイスの主題歌CD&DVDでした。「ありがとう~!」とご機嫌な悠平はその晩、毎年買い求めてきた過去の仮面ライダーの主題歌DVDを順々に視聴。今回のリバイス主題歌も「かっこいいね」と言いながら楽しんでいました。

 

 さて、4月の高等部入学から早3カ月。「楽しいよ!」と言いながら登校しているのでまずは一安心なのですが、小中学部より連絡帳が簡素化されていて、学校での様子が今一つ分かりませんでした。そんな中、先日、初めての授業参観に行ってきました。コロナ対策のため、事前に参観日時の希望を提出して学校側が調整。教室に行くと、保護者は私一人でした。

 「情報」の授業では欠席の生徒さんの席が空いていたため、悠平の隣に座らせてもらいました。パソコンでのひらがな入力、漢字入力、イラスト作成の課題があり、イラスト作成ではワードでドラえもんの顔を描きました。普段、私はテキストとせいぜい表組みくらいしか使わないので、図形の挿入でドラえもんが描けることにビックリ! クラスの皆さん、上手に描けていて驚きました。悠平の描いたドラえもんをお見せできないのは残念ですが、なかなか可愛く描けていました。

 楽しみながら学習するスタイルは、高等部でも健在でした。好きなパソコンを使った授業で、楽しくスキルアップしてくれるといいなと思いました。最高気温36度の猛暑日に、水筒、塩飴、手ぬぐい、扇子持参で授業参観に行った甲斐がありました。

 

 

トイレ掃除をしない家!?

 妻(yuheimama)です。先日悠平が、家庭科の授業で使ったペーパーを持ち帰りました。ペーパーには全部で19項目の家事が書かれ、それぞれの家事を家庭内でどれくらいの頻度で誰が担当しているかを学校で書き込んでいました。「朝ご飯を作る」は「毎日/母」、「ゴミ出し」は「たまに/自分、母、父」といった具合です。正確に記入しているな~と感心しながら目を通していたのですが、「トイレの掃除」については「やっていない」と書かれていたので、驚いてしまいました。なぜ?

 我が家のトイレ、もちろん掃除はしているのですが、悠平はこれまで母がトイレ掃除をしているところを見たことがなかったのだろうと思いました。自閉症には想像することに困難があり、「見えないものはない」と捉えてしまいがちなのです。

 「悠くんが見てないだけで、お母さん、トイレ掃除しているんだよ」と言うと、「あ~、ごめん、ごめん」と答えた悠平。掃除機をかけると部屋がきれいになることは見て分かっているだろうに、トイレは何もしなくてもきれいなままだと思っていたのだろうかと思ったり、悠平は洗い物など、手順通りに洗えば汚れが落ちていなくてもおしまいにしてしまうので、掃除の目的や意味をやっぱり今一つ理解していないのだなぁなどと考えてしまいました。

 ともあれ、今回のチェックリストで、家事に対する悠平の認識や経験を再確認。学校からの宿題では、未経験の家事にチャレンジすることになり、洗濯物を干すことにしました。ハンガーにポロシャツをかけるのも、肩のラインを崩さないよう、手本や声がけが必要でしたが、何着もこなすうちに上達してきました。「またお手伝いしてくれる?」と尋ねると、「うん、いいよ~」との返事。高等部のうちに、トイレ掃除もできるようになるかな?…少しずつ、教えていこうと思いました。

 

 

久しぶりの耳鼻科受診

 妻(yuheimama)です。4月、悠平は学校での検診にひっかかり、耳鼻科を受診することになりました。耳鼻科受診は、大阪に住んでいた幼児期以来です。当時は診察の際、母と看護師で暴れる悠平を押さえつけていましたが、果たして今回は?

 悠平が初めての病院を受診する際には、受付で保険証と一緒にメモを渡すことにしています。メモには、悠平には知的障害と自閉症があること、日常会話は可能であること、難しい内容は理解が難しいこと、初めての体験や不慣れなことには不安を感じることを書いています。一方、悠平には事前に病院のホームページを見せ、掲載されていた医師の顔写真を見せておきました。

 診察室に入ると悠平は「よろしくお願いします」とあいさつをして、一人で椅子に座りました。医師はこれからどのような診察をするのか、患部のモニター画面と使う道具を悠平に見せながら分かりやすく説明し、「音がするけど、痛くないよ」と言葉を添えて、手早く治療してくださいました。悠平は幼児期とは違って、両手をぎゅっと握って一人でこらえ、治療が終わると、「ありがとうございました」と言って立ち上がりました。診察室から出るときには「痛くなかったよ」「一人で頑張った!」とにこやかに母に話しかけてきました。

 予防接種のときなどは、まだ母が押さえることもありますが、今回は診察室に入ってから出るまでノータッチ。高校生の自覚が自立と成長を後押ししてくれたようです。また、医師が学校での検診も担当されているベテランで、適切に対応してくださったことも大きかったと思います。自閉症は児童精神科の範中ですが、専門が違うと障害理解に差があり、受診そのものが難しくなる場合があります。悠平も以前、眼科でパニックを起こしたことがありますし、外科を受診した際には「どうして自閉症になったの?」と聞かれて目が点になったことがありました(←自閉症は先天性です)。今回受診した耳鼻科のように、障害理解があり、適切に対応してくれる病院が地域に増えることを願います。

 耳鼻科をクリアした悠平。これでプールに入れます。コロナで中2、中3とプールに入れなかったので、感染予防を心がけながら、今夏はプールに入れればよいなと思います。

 

 

高等部に入学しました

 妻(yuheimama)です。悠平、4月7日に特別支援学校高等部に入学しました。悠平が3月まで通学していた特別支援学校は小学部・中学部設置校だったため、高等部からは学校が変わりました。新しい通学路、初めての校舎に先生、特別支援学級から入学する同級生と、環境が大きく変わりました。悠平は高等部への進学をとても楽しみにしていましたが、やはり表情からは緊張感が感じられました。入学から2週間余りたった今、ようやく緊張感が和らいできたようです。

 授業には、国語、数学、理科、社会、外国語、情報、音楽、美術、家庭、保健体育、職業、作業学習などがあります。特別支援学校に特徴的なのは、卒業後に備える職業や作業学習があることでしょうか。作業学習では、サービスマナー、ビルクリーニング、製造、オフィスの4種類の学習を1年かけて体験することになっています。悠平はまず、ビルクリーニングから始めることになり、班長を拝命し、張り切って取り組んでいます。

 情報の授業では、パワーポイントを使って自己紹介カードを作成したとのこと。最近、必要に迫られてようやくパワポを使い始めた母はビックリしてしまいました。悠平はスイスイと作成することができたらしく、先日の個別面談では担任から「ずいぶん、練習したんでしょう?」と言われたのですが、そもそも悠平のパソコンにはパワポをインストールしていないので家では未経験。キッズ携帯のショートメールを突然、使い始めたときのように、好きこそものの上手なれで、できてしまったのではないかと想像しています。

yuheipapa.hatenablog.com

 高等部では卒業後の進路という大きな課題があるため、学校では進路を意識した取り組みが多くなることと思います。一方で、小中学部からさらに増えたお友達との関係や、生活力の基礎となる教科学習の時間も大切にしてほしいと思います。これからの3年間、悠平が笑顔で通学できるよう、将来をどうしていきたいのか、共に考え、支えていきたいと思います。

 yuheipapaです。
 悠平の高等部進学のお祝いに、腕時計と電気シェーバーを買いました。悠平は幼いころ、デジタル時計の表示はすぐに読めるようになったのですが、時計の長針、短針は時間がかかりました。念のため、デジタル表示も付いたものを選びました。
 ひげは毎日そる、という程ではありませんが、高校生なら自分のシェーバーを持ってもいいだろうと思います。
 あと3年たてば18歳で大人の仲間入り。それまでに、たくさん学んでほしいと思います。

無事に卒業式を終えました

 yuheipapaです。悠平は先日、特別支援学校の中学部を無事に卒業しました。わたしも休暇を取って、yuheimamaと一緒に卒業式に参列しました。
 卒業生は一人一人、順番に壇上で校長先生から卒業証書を手渡しで受け取ります。この日の悠平は、紺色のブレザーにネクタイの“正装”。親がハラハラする中を、まったく物おじすることなく、壇上に進みました。名前を呼ばれると落ち着いた声で「はい」と答え、ゆったりとした動きで証書を受け取り、大きな拍手に包まれて、自席に戻りました。その堂々とした様子をわたしはカメラのファインダー越しに見ていたのですが、悠平がこんなにも成長したのかと、うれしくて涙があふれそうでした。
 悠平が生まれた時、わたしは45歳でした。仕事を休職して務めていた労働組合の専従役員の2年間の任期終了まで1カ月の時でした。自分が職場に復帰し、働き続けて60歳の定年を迎えても悠平はまだ中学生か、と思ったことをよく覚えています。その中学生生活が終わりました。過ぎてしまえば本当にあっという間でした。
 悠平は3歳の時に広汎性発達障害の診断を受けました。それからしばらくは、世間一般の親が子の将来に期待するようなことを一つひとつあきらめながら、親として自分の心と折り合いをつけていく日々でした。やがて、悠平がこの社会に居場所を見つけられることができるように、それまでは自分も一緒に悠平のペースで歩みたいと思うようになりました。そう思うようになって、わたしの心も落ち着きました。悠平のおかげで、わたしも成長したと思います。
 悠平は4月、特別支援学校の高等部に進みます。将来の目標は働くこと、社会参加できるようになることです。新たなチャレンジが始まります。

f:id:yuheipapa:20220330211207j:plain

f:id:yuheipapa:20220330204451j:plain