今どきの授業

 妻(yuheimama)です。先日、悠平の授業参観に行ってきました。今回参観したのは理科と社会。特別支援学校小中学部では、理科・社会は独立した教科科目としてなかったため、どのような授業内容なのか、関心がありました。また、東京都教育委員会ではGIGAスクール構想の実現に向け、一人1台端末を導入しており、悠平も学校からiPadを配布されていて、授業でどのように活用されているのかも興味津々でした。

 社会では環境問題をテーマに、授業前半では、前回授業で学習した地球温暖化についてクイズ形式で復習。まず、先生が指示した手順で、先生と生徒全員のiPadがつながれました。先生のiPad上の画面はスクリーンに映し出され、画面上でクイズを出題。生徒は正解と回答の早さで得点をゲット。1問ごとに正解の確認と先生の解説の後、上位ランキングが発表され、大盛り上がり! 教室には20人近くの生徒がいましたが、集中力が途切れることなく、全員参加で取り組まれていて、「今どきの授業って、すごいな~」と感心しました。

 授業後半では、ごみの分別の学習。まずは先生がごみにはどのような分別の仕方があるか、なぜ分別をしなくてはならないかを、スライドショーで説明。その後、プリントとシールを配布し、プリントに書かれた燃えるごみと燃えないごみの枠内に、ごみのイラストシールを分別しながらはりました。さらに、先生が自治体ホームページのごみ収集日ページのURLを全員に送信。生徒はそこから、自分の居住地域では何曜日にどのごみの収集が行われているのかを調べて、プリントに書き込んでいました。地域によって収集日が違うことも確認できました。iPadを活用した、生活に根差した実践的な授業内容に、母はまたまた感心してしまいました。

 授業中、悠平はクイズに正解するとうれしそうに笑い、クラスのみんなと盛り上がり、プリントが早く終わると、「できました!」と声を上げ、少し誇らしげな表情を見せていました。楽しく学習する姿に、母もうれしく思いました。また、学校でテストがないせいか、家庭学習で学んだことを覚えようというモチベーションが弱く、定着が難しいことが多々ありましたが、復習クイズは覚えるモチベーションになりえるなと思いました。

 授業参観があった日はいつも、夜寝る前に「お母さん、悠君が学校で頑張っている様子が見られてうれしかったよ」と声を掛けます。そう言われると、これまでは「はい!」と元気に返答していた悠平ですが、今回は母に「よかったね」と返答。励ますつもりが、逆に励まされ(?)、これも成長かな~とうれしくも、ちょっと寂しく感じた次第。次回の授業参観が今から楽しみです。

 

日常の中のスモールステップ

 妻(yuheimama)です。10月に入っても25度を超える日があり、半袖の衣類をしまえずにいましたが、ここ数日、朝晩の冷え込みを感じるようになってきました。ようやく衣替え、秋冬の準備です。身長がぐんぐん伸びている悠平は、昨年まで来ていたセーターが小さくなり、ワンサイズ大きなセーターを買うことにしました。いざ、ユニクロへ。

 今回買ったのは、通学にも対応できそうなネイビーのカーディガン1着とセーター1着。店舗に行く前に、折り込みチラシで値段を確認し、予算を6~7千円と見積もって、悠平の財布に5千円札1枚と千円札5枚を入れました。カーディガンは母が色を指定しましたが、セーターは悠平に選ばせました。悠平はサイズを確認して、自分で商品を棚から取り出して買い物かごに入れ、レジへ。セルフレジで合計金額6980円のところ、7千円を投入。おつりを財布に入れ、持参したショッピングバッグに自分で2着を入れました。母はできるだけ手を出さないよう見守りに徹し、店舗を出るときに「支払いも袋詰めも自分でできたから、これからユニクロでは一人で買い物できそうだね」と声をかけると、悠平は「うん、そうだね」とご満悦。支払額の判断や買い物の一連の流れを把握できるようになってきたようです。

 ちなみに、なぜユニクロを選んだかというと、将来、悠平が1人で買い物をする際に、商品価格が手ごろで、店舗数が多いので、どこに住んでもアクセスしやすそうだからです。洋服に限らず、以前は母の好みで、ものによっては通販で取り寄せていたハンドクリームや歯磨き粉も、悠平が将来自分で買うときに困らないよう、最近ではスーパーやドラッグストアで取り扱いのあるものにシフトしています。

 いつも行く美容院では、これまでカット代の支払いを自分でやってきましたが、先日は美容院に行く道すがら、悠平に「どんなふうに切ってもらうか、自分で言ってみる?」と提案。「伸びた分を切ってください」と言うことに。悠平は美容院に入る前に復唱し、椅子に座ってケープをかけてもらうと、「伸びた分を切ってください」と依頼。いつもは母に「今日はどうしますか」と聞いていた美容師さんも、今回は悠平に「はい、伸びた分をカットね」と言葉を返してくださいました。カット終了後はもちろん自分で支払い。帰り道、母が「美容院、1人で大丈夫そうだね。高3になったら1人で来られるように頑張ってみる?」と声をかけると、「そうだね!」と悠平。「高2」と言うと、来年のことで不安を感じるかと思い、あえて高3に目標設定しました。

 生活のさまざまな場面でできることを増やすため、工程を区切って一つずつできることを増やしていくスモールステップ。手はかかりますが、悠平なりの自立を目指して、これからもスモールステップで行動範囲を少しずつ、広げていきたいと思います。

 

シンプルなルール

 妻(yuheimama)です。9月、悠平のパソコンに不調があり、2週間ほど、メーカー修理に出しました。在宅で過ごす休日に、パソコンでゲームや動画を見ることが多い悠平にとっては、我慢の日々となりました。「アイロンビーズやる?」と声がけしたものの、悠平には「アイロンビーズは長期休暇に取り組むもの」というこだわりがあるらしく、却下。録画番組を見ることもありましたが、手持ち無沙汰になり、ゴロンと横になって本を眺めたり、家の中をウロウロしていました。

 そこで、トランプで「神経衰弱をやる?」と誘ってみると、「やるよ!」と乗り気になりました。めくったカードを覚えようとしながらゲームに臨む母に対して、悠平はアトランダムにカードをめくるので、最初の内は、母の圧勝。「勝ちたいよ~」という悠平に、手加減しない母(笑)。あるとき、目立つ絵柄のジョーカーをめくった悠平は、その位置を記憶していたようで、2枚目のジョーカーをめくると1枚目のジョーカーを再度めくってゲット! カードの位置を覚えるとゲットしやすいと気付いたのか、繰り返しやるうちに、悠平も勝てるようになっていきました。

 続いて、かるた。かるたでは母が読み札を読んでから絵札を探すので、圧倒的に悠平が有利。当然のごとく、悠平の全勝でご機嫌です。かるたは幼少期にひらがな学習の一つとして始め、ここ数年はことわざかるたや地図記号かるた、国旗かるたなどで、遊びながら学習できるものも購入していました(初めてのかるたについては2011年の「楽しく広がるひらがな学習」を参照ください)。

にほんごであそぼ ことわざかるた

にほんごであそぼ ことわざかるた

  • 奥野かるた店(Okuno Karuta-ten)
Amazon

 

学研ステイフル 世界の国旗かるた

学研ステイフル 世界の国旗かるた

  • 学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)
Amazon

 さらにもう一つ、コリントゲームにトライしました。パチンコの起源ともいわれるコリントゲームは、傾斜のある板に釘が打ってあり、点数が書かれた幾つかのコーナーに玉を入れるよう、小さな棒で球を打ち出すゲームです。決まった数の球を打ち、球が入ったコーナーの点数を合計して勝敗を競います。コツは球を打ち出す力加減なのでしょうが、狙っても入らなかったり、ダメだと思った球が入ったりもするので、打つたびに二人で一喜一憂! お互い、勝ったり負けたりでいい勝負でした。ちなみにこのコリントゲーム、母が子どものころに遊んでいたもので、実家の整理をしたときに、いつか悠平と遊べるかもと思って取っておいたもの。約40年物のビンテージ品です!?

 悠平の場合、複雑なルールや作戦が必要なゲームは難しく、遊べるのはシンプルなルールのものに限られます。シンプルとはいえ、ゲームを通して物事にはルールがあり、ルールを守れば他者と一緒に楽しめると体感することができます。

 パソコンが修理から戻ってきた後も、「コリントゲームやる」と言って、誘ってきた悠平。ゲームを買ってくれた天国のおじいちゃんとおばあちゃんも、40年の時を経て、孫がゲームを楽しんでいる様子に、目を細めているに違いありません。

体内のこと

 妻(yuheimama)です。夏休みから家庭学習で取り組んでいるドリルに『おはなしドリル 人のからだのおはなし』があります。購入したのは数年前、悠平が小学部高学年のとき。当時は悠平から、「これはよくない」とダメ出しされて、ここ数年、引き出しの中に入りっぱなしでした。なぜ悠平からダメ出しされたのか――当時の悠平にとっては文章が長めだったことと、テーマが体の働きに関することだったためだと思います。想像力に困難がある自閉症の特性から、目に見えない体内に関する内容は非常に分かりにくく、読むのがストレスだったのでしょう。コロナ対策の学校休校時、イラストを見ながら内蔵の名称を学習しても覚えられなかったことも思い出されます(「どうしても覚えられないこと」を参照ください)。

 

 

 想像力の困難はなくなりませんが、その後の数年で、少し長い文章の読解にも取り組めるようになり、今年に入り、耳鼻科や歯科に通院できるようになったので、体の働きについて、以前よりも経験値が高まったかなぁと期待して、ドリルに再挑戦することにしました(「久しぶりの耳鼻科受診」「歯科受診に挑戦」を参照ください)。掲載されている29本のお話の内、悠平の経験と結びつきやすそうな「耳には、どんなはたらきがあるの?」「歯がぬけて生えかわるのは、なぜ?」などから取り組み始めました。悠平、今回はダメ出しすることなく、取り組めています。

 文中、脳や心臓についての言及があり、そのたびに悠平に「脳はどこ?」「心臓はどこ?」と尋ねます。脳の位置を尋ねると、いつも胸に手を当てるので、「そこは心臓。脳は頭だよ」と教えています。3回続けて胸に手を当てたときは、どうしたものかと思いましたが、繰り返すうちに、どうにか脳と心臓の場所は覚えたようです。血液の話のときは、腕や足に見える血管を確認して、話の内容と悠平の体を結び付けました。

 見えないものの理解は難しいのですが、将来、健康管理や病気について、部分的であっても理解する基盤になってくれればいいなと思いながら、学習を続けています。

夏休み終了

 妻(yuheimama)です。2学期が始まりました。今回は夏休みの取り組みを振り返りたいと思います。

 まずは学校からの宿題だった家事。悠平が取り組んだのは、朝食後の皿洗い、洗濯物を干す・たたむ、お風呂掃除です。いずれも面倒くさがることなく、ほぼ毎日、取り組むことができました。

 皿洗いはおおむねOK。洗濯物干しは、いきなり全てに取り組むのはハードルが高いと思い、上衣のハンガー掛けと物干しピンチへのタオル干しに絞りました。上衣のハンガー掛けは、肩のラインがずれたり袖がまくれたままのことがあり、毎回確認が必要でした。フェイスタオルとハンドタオルが混在していたタオル干しでは、サイズが違うタオルの重さのバランスをとることまでは気が回らなかったようで、バランスが悪い干し方になることが度々ありましたが、これについては今後の課題と捉えています。洗濯物たたみは、タオルと悠平の衣類を担当することにしたのですが、今回、新たな発見が! 悠平、Tシャツを一着ハンガーから外すと、たたんでタンスに持っていき、戻ってきて次の一着を外すとまたタンスへ。1点ずつ、物干しとタンスを往復していたのです。これはさすがに効率が悪いので、「全て外してたたんでから持っていけば1回で済むよ」と助言。「そっか~」と素直に従ってくれました。

 お風呂掃除は洗い残しが度々あったため、洗う手順を再確認しながら取り組みました。本人から「洗いました~!」と報告を受けた後、「きれいになった?」と問いかけると、「あっ」と言って、再度洗いなおすこともありましたが、少しずつ上達してきたようです。

 さらに、放課後等デイサービスにお弁当を持参した日は、放デイからの提案で、お弁当箱を洗って持ち帰るようになりました。はじめのころはスタッフから声がけがないと、洗わず持ち帰ることがあり、洗うことが習慣化するまでスタッフに声がけをお願いしたところ、自分から「洗ってもいいですか?」と尋ねて洗うようになったとのこと。洗い残しがあったり、流し足りないときなど支援していただき、毎回、きれいなお弁当箱を持ち帰るようになりました。悠平への自立支援と母の家事負担軽減で、放デイに感謝です。母自身は高校時代、お弁当箱を洗って持ち帰ることがなかったので、「悠君、えらいな~」と感心しています(笑)。

 また、1学期に学校の作業学習で液体せっけんの補充をやっていたので、家庭でもハンドソープの補充に挑戦。初回はドボッとこぼしましたが、100円ショップでじょうごを購入して、2回目は上手に入れることができました。

 家庭学習は、学校からの宿題に加え、地道に漢字練習、読解、計算、お金等を継続。お金は当初、食材を対象に「リアル買い物ごっこ」に取り組んでいましたが、悠平からのリクエストで、商品としてトミカやプラレールも用意。「お年玉での買い物」等、場面設定をして、楽しく継続しました。放デイでも外出時に支払い体験の機会を設けていただき、体験学習を積み重ねています。

 最後に恒例のアイロンビーズ。今回も母にはさっぱり分からないローカル線を含め、本人、「いい感じ~」と言いながら、制作してはニコニコしていました。

 家事には前向きに取り組めましたが、丁寧さやクオリティ面ではまだまだ課題が残ります。2学期以降もできる範囲で継続しながら、仕事への意識を育んでいけたらと思っています。

SLに乗って、おいしい秩父の家族旅行

 yuheipapaです。
 この夏休み、8月中旬に家族で1泊旅行をしました。行動制限はかかっていないとは言え、東京の新型コロナウイルス感染者は連日2万人台の時期。なるべく近いところがいいだろうと考えつつ、せっかくだから何かイベント感をと、あれこれ考えて決めたのが埼玉県の秩父でした。メインのイベントは、秩父鉄道が運行する蒸気機関車(SL)牽引の列車「パレオエクスプレス」への乗車です。
 パレオエクスプレスは3月から12月の上旬、週末や祝日を中心に走っています。埼玉県の熊谷駅から秩父鉄道の終点、秩父市の三峰口駅までを1日1往復。今回は熊谷駅から乗って、景勝地で知られる長瀞駅まで、約1時間15分の旅でした。
 早起きして自宅を出て、JRで熊谷駅へ。秩父線の乗り場に着いたのは午前9時45分ごろで、ちょうどパレオエクスプレスが入線するところ。わたしは指定席券発行の列に並び、悠平はyuheimamaと一足先にホームへ。入線してくる列車を見ることができました。夏休み真っ最中とあって、座席はほぼ満席のよう。出発時刻まではホームで機関車を背に記念撮影する人たちが列を作っていました。
 ほどなく汽笛一声、熊谷駅を出発。座席は4両編成の客車のうち機関車のすぐ後ろの車両で、汽笛も迫力満点で聞こえてきました。客車は旧国鉄時代の製造で古めとはいえ空調完備。それでも時折、車内に流れてくる煙の匂いは、蒸気機関車が現役で走っていた時代を知るわたしにとっては、郷愁を誘う懐かしい香りです。北九州に住んでいた小学生のころ、コンパクトカメラを手に筑豊各地を走っていた蒸気機関車を追っかけていた鉄道ファンでした。
 牽引するC58形機関車は1938年から47年にかけて430両余りが製造されました。客車、貨車のいずれにも適した万能機で、各地のローカル線を中心に活躍。パレオエクスプレスを牽引する363号機は1972年にいったん廃車。埼玉県内の小学校に展示保存されていたのを、1988年に復活しました。
 わたしは長瀞までの間、ずっとそわそわしていましたが、悠平はと言えば、悠然と乗り心地を楽しんでいるようでした。これまでも、JR東日本の群馬県・SLぐんま、岩手県・SL銀河、栃木県の真岡鉄道・SL真岡号、東武鉄道・SL大樹、静岡県の大井川鉄道と、あちこちで悠平と一緒にSLに乗りましたが、思い起こすと、わたしの方が興奮気味で、悠平は乗ってしまえばいつも悠然としていたように思います。
 長瀞で下車後、駅の近くの踏切でパレオエクスプレスの発車を見送りました。

【長瀞駅を出発するパレオエクスプレス(悠平撮影)】

【熊谷駅で出発を待つパレオエクスプレス。記念撮影の人がいっぱい】

【わたし(yuheipapa)が好きな蒸気機関車のアングル】

【停車中も写真を撮る人がたくさん=長瀞駅】

 秩父での1泊2日は、いろいろとおいしいものを食べて回りました。
 わたしと悠平にとっては、かつて秩父三十四観音霊場の巡礼で何度も来ている地域です。二人の特にお気に入りは「みそポテト」。ジャガイモに衣をつけて揚げ、甘みのあるみそだれをかけて食べるスナックです。店によってみそだれの味に違いがあり、食べ比べも楽しい。今回は3カ所で食べました。串刺しではなく、皿に盛って出してくれる店もあります。

 豚の飼育が盛んな地域らしく、豚肉料理もおいしいものがあります。一つは味噌漬けにした豚肉を焼いてご飯に載せた丼もの。「豚味噌丼」などと呼ばれています。
 長瀞で目星をつけていた店が大正解で、炭火で焼いた豚肉がことのほかおいしく、初めて食べるyuheimamaも気に入ったようでした。ちなみにこの店の「豚みそ丼」は「大盛」「並」「小」とサイズが3種類。身長がわたしを追い越して久しい悠平が大盛、わたしは並、小柄なyuheimamaは小にしました。大盛となると大ぶりの肉が4枚も載って、なかなかの迫力ですが、悠平はなんなく完食しました。

【悠平が食べた大盛りの豚みそ丼】
 もう一つの豚肉料理は「わらじカツ丼」。わらじのような大きなトンカツを載せた丼ですが、卵とじにはしません。ソースカツ丼の系譜です。「わらじ」ということなので、カツは2枚載せるのが正統のようです。どこで食べてもおいしいのですが、体重減が課題のわたしは、トンカツ類は控えることにしています。今回の旅行では2日目、三峯神社にお参りした際に、参道にあるお店で昼食を取った際に悠平が食べました。わたしとyuheimamaは、これも秩父の郷土料理の「くるみそば」にしました。そばのつけ汁に、くるみをすりつぶして入れてあります。

【わらじカツ丼】
 秩父はそばもよく食べる土地柄です。わたしは悠平と一緒に何度も秩父に来ていて、しかも、そばも何度も食べているのですが、くるみそばは初めてでした。甘みがあって、そばによく合います。わたしもyuheimamaもすっかり気に入ってしまい、その日の夜、西武線の特急で帰る前に、ビン入りのくるみそばのツユを買い求めました。

【くるみそば】

 おいしいものをたくさん食べながら、長瀞町の宝登山神社、秩父市の秩父神社、三峯神社と「秩父三社」をお参りしたり、秩父市の市街地にある観音霊場の札所をいくつかお参りして巡礼気分をちょっと味わったり、棟方志功の版画を所蔵する美術館を訪ねたりと、充実した2日間の家族旅行でした。

【泊まった宿は高台にあり、秩父の街並みをパノラマのように楽しめました】

【おみやげに買った秩父市のキャラクター「ポテくまくん」】

歯科受診に挑戦

 妻(yuheimama)です。1学期に耳鼻科を受診した悠平(「久しぶりの耳鼻科受診」を参照ください)、この夏休みには歯科受診に挑戦です。悠平は幼児期に自治体の歯科検診やフッ素塗布のため歯科に行ったことがありましたが、当時は口に器具を入れられるだけで大パニック。検診では医師の指を噛み、フッ素塗布では医師が半分塗布してギブアップしてしまいました。以来、虫歯がないのをいいことに、歯科からは足が遠のいていました。母は自分が歯科で定期検診&クリーニングを受けるたび、大人になったら悠平はキーンと鳴る器具の音に耐えられるだろうか、虫歯になったら痛みを我慢して治療を受けられるだろうかと心配でなりませんでした。そこで、1学期の耳鼻科受診を弾みにして、夏休みに検診&クリーニングのため、歯科受診に誘ってみました。悠平、「行ってみる」と乗り気です。

 問題はどこの歯科を受診するかです。一般の歯科では幼児期の悠平のように、対応が難しい障害児者は受診を断られることもあり、周囲からは居住自治体に1か所しかない障害児者専門の歯科への通院や、抜歯する際に全身麻酔が必要になる場合には大学病院に行くという話を聞いていました。いずれも近所というわけではないため、特に子どもが特別支援学校在籍の場合、学校も近くなく、病院に行ってから学校、学校帰りに病院ということが難しく、学校を欠席しての歯科受診が珍しくありません。そこで、まずは母もyuheipapaも通院している歯科に相談することにしました。相談前に歯科のホームページを見てみると、なんと「障害児歯科」の文字が! 実は母、20年以上同じ歯科に通院していたため、これまでわざわざホームページを見ることがなかったのです。後日、母の通院時、受付で悠平のことを相談すると、「もちろん大丈夫ですよ」「最初は治療用の椅子に座るのも怖がるかもしれないので、ほかの患者さんがいないときに、少しずつ慣れるようにしていきましょう」と、配慮あるお返事をいただき、感激です。

 迎えた当日。悠平はやや緊張した面持ちでしたが、するっと診察室に入り、椅子に座りました。治療用の椅子の斜め前にも椅子が置かれ、悠平と母、お互いに顔が見えるように座らせていただきました。こちらのクリニックでは、診察室の外壁にあたる部分が全面ガラス窓になっていて、診察前、悠平は窓から見える国道と首都高を眺めて、「車が見えるね」とリラックス。その後、医師に挨拶をして、レントゲンを撮り、検診&クリーニング。虫歯になりかけの歯があったので、数回通って、治療と虫歯予防の処置をしていただくことになりました。悠平は診察が終わると、「ありがとうございました」とあいさつをして退室。どうやら心配しすぎて緊張していたのは、悠平よりも母の方だったようです。

 虫歯はならないに越したことはありませんが、歯茎の不調や老化による歯の不調など、どこかの段階で歯科受診が必要になる方は多いと思います。自閉症児者の場合、感覚過敏や不安感の強さなど、歯科受診はハードルが高いのですが、地域で受診できて幸運でした。どのような状態の方にも対応できる専門病院の確保と同時に、耳鼻科受診のときにも思いましたが、地域で対応してくれるクリニックや医院が増えていってほしいと願っています。