イケメン目指して美容院デビュー

 妻(yuheimama)です。中学生になり、悠平、美容院デビューしました。また一つ、社会参加(?)できました。

 自閉症・発達障害のあるお子さんは、感覚過敏や多動があり、慣れない場所や人が苦手であるため、外での散髪が難しい場合があります。悠平もこれまで、テレビを見せながら10分程度でなんとかかんとか私がカットをしてきました。今回、中学生になったのを機に、お店でのカットにトライです。

 まず、以前から悠平が自閉症であることを話していた、私の行きつけの美容院に相談してみました。悠平を連れてシャンプーを買いに行ったこともあって、悠平にとっては見慣れた場所でもあります。美容院でのカットにあたって、シャンプー台は姿勢が変わって不安に感じるかもしれないので初回はカットのみにする、飽きてくると途中で「あと何分?」「終わりにしたい」など大きい声で言い出すことが予想される、といったことを伝えました。美容師さんからは、はさみを使っているときに急に動くと危ないので、それがなければ大丈夫だと思うとお返事をいただきました。

 迎えた当日。悠平には、事前にイラストを描いてカットの過程を知らせ、はさみを使っているときに急に動くと危ないので、できるだけ動かないようにと伝えました。

f:id:yuheimama:20190510110416j:plain

 美容院には3席ありますが、予約した時間帯は悠平のみに対応をしてくださいました。はじめは悠平も美容師さんも緊張気味でしたが、途中から会話が始まり、ドライヤーを使ったときに悠平が「気持ちいいです!」と言って、大爆笑。後半、悠平が「あと何分?」「早く帰りたいよ~」と言い出した時には、美容師さんが「イケメンになるには時間がかかるんだよ」「かっこよくなって中学校行きたいでしょ?」等、応じてくださり、30分ほどのカット時間を和やかに過ごすことができました。最後に私が会計をしていると、悠平と美容師さんは立ち話。帰り際には元気に「ありがとうございました!」とあいさつすることができました。

 実は当初、yuheipapaが理髪店に連れていくことを検討していました。yuheipapaが通っている理髪店は、混雑することが多く、ネットで「福祉理容」に対応しているほかの理髪店も検索してみましたが、多くは高齢者や身体障害のある方へのサービスのように思え、踏み出せずにいました。ママ友たちに聞いたところ、短時間でカットしてくれるいわゆる1000円カットを利用しているお子さんや、幼児期から同じ美容師さんにお願いしているお子さんなど、お子さんのタイプに合わせてそれぞれに工夫していました。悠平の場合、簡単な会話ができるようになってから、個別対応してくれる美容院にお願いできてよかったと思います。

 悠平がカットしてもらえるようになったと同時に、地域に悠平の理解者がまた一人増えたことを、感謝と共にとてもうれしく思いました。

悠平撮影「春の花2019」平成から令和へ

 yuheipapaです。
 悠平はわたしと2人で外出する際、気が向けば自分でもカメラを持って行きます。以前は子ども用のデジタルコンパクトカメラでしたが、今は、以前わたしが使っていたルミックスのミラーレス一眼レフを使っています。型式は古いのですが、しっかりと作られているのでオートモードでもちゃんとした写真が撮れます。
 悠平はわたしが撮るものを、真似をするように同じように撮ることもあれば、彼独自のこだわりで、およそわたしには想像もつかないような独創的な写真を撮ることもあります。ことしは年明け早々、わたしが右腕を骨折して、しばらくは悠平と一緒の外出もままなりませんでしたが、おおむね回復した3月以降は、休日にはまた以前のようにあちこちに一緒に出掛けています。
 今回は、平成から令和にかけての春に、悠平が撮った花の写真を紹介します。

■東京都文京区の吉祥寺

f:id:yuheipapa:20190512225652j:plain

 東京都文京区本駒込に吉祥寺という曹洞宗の寺院があって、東京の隠れた桜の名所になっています。3、4年前でしょうか。季節は夏だったかと思います。付近を歩いていて偶然この寺を見つけ、枝ぶりの良い桜の木が何本もあるのを見て、翌年の春に来て以降、桜の時期には訪ねています。わたしが撮るのを見ながら、悠平も真似をしてみたのかな、と感じる構図です。

f:id:yuheipapa:20190512225624j:plain

 ちなみにウイキペディアによると、若い世代でにぎわう武蔵野市の繁華街「吉祥寺」の地名は、江戸時代の明暦の大火で江戸市中の門前町の住民が住居を失い、かの地に移住し、開墾したことに由来するとされます。

■鎌倉の光明寺と円覚寺

f:id:yuheipapa:20190512225735j:plain

 浄土宗大本山の光明寺には、鎌倉で最大規模とされる木造の山門があり、4月に訪ねた時には中を公開中でした。せっかくの機会なので門の2階に上がって、境内の桜を撮りました。わたしも同じような写真を撮りました。

f:id:yuheipapa:20190512225804j:plain

 円覚寺は北鎌倉にある臨済宗円覚寺派の本山。緑に包まれ、鎌倉の中でわたしが一番好きな寺です。もう何度となく訪ねており、悠平もすっかりなじみの場所。ただ、これまで来たのはアジサイやヒガンバナ、紅葉の時期が多く、桜を観たのは初めてでした。

■上野公園、根津神社

f:id:yuheipapa:20190512225840j:plain

 ツツジの季節に、東京の名所として知られる文京区・根津神社に行くことにし、ついでに谷中界隈を散策しようと、上野公園から歩き始めました。そこで、シャガの花が群生している場所があるのに気付きました。東京都美術館の横を通って東京芸術大に向かう途中です。アヤメ科のシャガは花の直径がせいぜい5、6センチ程度で小さく地味な印象があるのですが、よく見ると白い花弁に紫と黄色の模様がついており、見飽きません。この時期でわたしが一番好きな花です。見つけるとたいてい、アップで何枚も写真を撮るのですが、悠平にはさほどの思い入れはないのか、群生を何枚か、おおらかに撮っただけでした。

f:id:yuheipapa:20190512225948j:plain

 上野公園から徒歩で30分弱でしょうか。根津神社に着きました。たいそうなにぎわいでしたが、何だかツツジよりも人を見に来たような気がして、あまり長居はしませんでした。

■別名「東長谷寺」の薬王院

f:id:yuheipapa:20190512230019j:plain

f:id:yuheipapa:20190512230043j:plain

 奈良県桜井市の長谷寺と言えば、真言宗豊山派総本山でボタン寺として有名です。その長谷寺から移植されたボタンが見事で「東長谷寺」と呼ばれる寺が、東京都新宿区下落合にあります。いつもにぎやかなJR高田馬場駅からも徒歩圏の「薬王院」です。こんな街中にこんなお寺があったのかというぐらい、美しいボタンが咲き誇っていました。長谷寺には大阪在住当時、悠平と3回訪ねています。当時のことを懐かしく思い出しました。

■秩父、長瀞

f:id:yuheipapa:20190512230113j:plain

 大阪から東京に戻った後、秩父には3年前から約1年かけて、秩父34観音の巡礼のために何度も通いました。わたしも悠平もなじみが深い土地です。今回は、西武鉄道が池袋~西武秩父間に導入した新型特急に乗るのが主な目的でした。ついでに、首都圏ではこの時期の花の名所として知られる芝桜の丘にも初めて行ってみました。池袋発が朝の7時半。秩父に着いたのは9時前で、あいにくの曇り空でしたが、それでも芝桜はなかなかの見ごたえ。悠平も、何回もシャッターを切っていました。

f:id:yuheipapa:20190512230138j:plain

 その後は秩父鉄道で長瀞に移動。これもまた名所になっている「長瀞岩畳」にはフジが自生しているとのことで楽しみにしていたのですが、時期を逃したのか、もともとこんなものなのか、花の数は多くなく、ちょっとがっかりでした。

■豪徳寺

f:id:yuheipapa:20190512230306j:plain

 5月の休日の1日。頭が疲れ気味だったので、悠平を連れて自宅から徒歩圏内、招き猫で有名な世田谷区の豪徳寺に新緑を見に行きました。広い境内で秋は紅葉が見事なので、この時期には青葉が目に鮮やかに映ります。それだけではなくて、そこかしこにシャクヤクでしょうか、大きな花弁の花が風にそよいでいました。悠平は新緑には関心を示さず、この花と、ずらりと並ぶ奉納された招き猫を一生懸命に撮っていました。

f:id:yuheipapa:20190512230347j:plain

 招き猫の写真の1枚です。真ん中の1匹と視線が合っているようで、感心してしまいました。

 悠平は今はオート設定で気の向くままにレンズを向けてシャッターを押しているだけですが、マニュアル撮影もいろいろできる機種なので、おいおい、応用編を教えてみようかと思います。彼の感性でどんな1枚を撮るのか、楽しみです。

「乗り鉄と巡礼」に「アート鑑賞」が加わりました

 yuheipapaです。休日は努めて悠平と一緒に外出する習慣は今も続いています。
 悠平が幼児~小学3、4年生ぐらいまでは、悠平の関心はもっぱら電車でした。小学2年生になる春までの3年間、わたしの転勤に伴い、一家で大阪府高槻市に住みました。せっかくの関西暮らしだと思って、悠平を連れて寺社巡りによく出掛けました。その際、悠平の楽しみはJR西日本を始め、阪急や近鉄、京阪などの関西の電車でした。わたしが行ってみたい寺社へのルートに、悠平が乗りたい電車を組み込んでやるのがコツでした。わたしは「父子乗り鉄と巡礼」と呼んでいましたが、yuheimamaのママ友の間では「男旅(おとこたび)」と呼ばれていたそうです。
 悠平が中学生になって、外出で大きく変わったのは、美術展に行くようになったことです。後ほど、あらためて書きますが、先日は静岡市へ日帰りの小旅行を計画。静岡県立美術館の企画展「屏風爛漫」で江戸時代の画家、伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」を見たり、「考える人」や「地獄の門」などロダンの彫刻群を鑑賞してきました。

f:id:yuheipapa:20190505235823j:plain

【写真】伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」レプリカ。静岡県立美術館にありました。撮影可でした。

 悠平が最初にアートに興味を示したのは小学4年生の時。きっかけは故岡本太郎さんでした。
 ※参考過去記事

yuheipapa.hatenablog.com

 その後、関心が増すことはなかったように見えていたのですが、NHKのEテレで放送している「びじゅチューン!」にはまったことが大きな転機になりました。「びじゅチューン!」は古今東西の絵画や彫刻、建築などの美術作品をモチーフに、縦横無尽にストーリーを編み出し、歌とアニメで表現した短編作で、アーティストの井上涼さんが作詞、作曲、アニメを一人で手掛けています。
※「びじゅチューン!」公式

www4.nhk.or.jp これなら悠平のアートへの関心が持続するのではと思い、井上さんの短編アニメのモデルになった作品が出品される美術展を探しては、悠平を誘うようになりました。最初はムンクの「叫び」でした。
 ※参考過去記事

yuheipapa.hatenablog.com

 ちなみに、井上さんの作品は「ムンクの叫びラーメン」です。 

www.nhk.or.jp

 3月には、ムンク展と同じ東京・上野の東京都美術館で開催された「奇想の系譜展」に行きました。目当ては歌川国芳の浮世絵「宮本武蔵の鯨退治」です。
 井上さんのアニメ作品は以下です。
 「武蔵の遅刻理由」 

www.nhk.or.jp

 上野の東京国立博物館には、岸田劉生の「麗子微笑」とか法隆寺の「麻耶夫人および天人像」などもあって、もう何度も悠平と一緒に足を運びました。それぞれ井上さんは以下のようなアニメ作品にしています。
 「夢パフューマー麗子」 

www.nhk.or.jp

 「ツイスト出産」

www.nhk.or.jp

 世界に三つしかなく、そのすべてが日本にあるという中国製の茶碗「曜変天目」も、うち一つを所蔵する東京・世田谷区の静嘉堂文庫美術館に見に行きました。
 「曜変天目ディスコ」

www.nhk.or.jp

 悠平は美術館や博物館で実物を見た後は、いつもミュージアムショップでその作品のポストカードを買っています。そのコレクションも随分と増えてきました。

 最近見に行ったのは、静岡市にある静岡県立美術館で開催された企画展「屏風爛漫」です。目当ては、同館が収蔵する伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」でした。
 ※「若冲≪樹花鳥獣図屏風≫」

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/collection/jakuchu/

井上さんは以下のようなアニメ作品にしています。 
 「樹花鳥獣図屏風事件」

www.nhk.or.jp

 静岡県立美術館はロダンの彫刻の収集も充実しており、「地獄の門」はわたしも悠平も、東京・上野の国立西洋美術館に続いての鑑賞でした。これも井上さんはアニメにしています。
 「ランチは地獄の門の奥に」

www.nhk.or.jp

 静岡には日帰りでしたが、せっかくの機会だと思い、朝6時に家を出て朝の新幹線で静岡入りし、日本平~久能山東照宮~清水次郎長の生家・墓なども見て回りました。地元私鉄の静岡鉄道の電車にも全線乗りました。文字通り「父子乗り鉄と巡礼」にアートが加わった旅でした。今後は、このような外出が増えそうです。
 悠平のアートへの関心は深まっているものの、自分で手を動かしてみよう、とはなかなかならないようです。むしろ今は、ポストカードの収集の方に興味が向いているようにも感じます。そうだとしても、気に入った絵や彫刻を見に行き、ミュージアムショップでポストカードや記念の品を買うのは、趣味や余暇の過ごし方としては充実しているのではないかと思います。

 以下は先日の静岡への旅のスケッチ風ミニアルバムです。

f:id:yuheipapa:20190506000415j:plain

【写真】きらびやかな久能山東照宮

f:id:yuheipapa:20190506000459j:plain

【写真】プラモデルの奉納品。静岡市発祥の模型メーカーはいくつもあります。

f:id:yuheipapa:20190506000715j:plain

【写真】日本平から望む富士山

f:id:yuheipapa:20190506000809j:plain

【写真】清水と言えば次郎長。墓がある梅蔭寺には銅像も

f:id:yuheipapa:20190506000919j:plain

【写真】スマートなデザインの静岡鉄道の電車

f:id:yuheipapa:20190506001003j:plain

【写真】静岡県立美術館のプロムナード。日本平の麓にあります

f:id:yuheipapa:20190506001137j:plain

【写真】静岡県立美術館ロダン館の内部。撮影可です

正義の味方は国語の味方!?

 妻(yuheimama)です。中学部の日々が始まり、悠平は意欲的に通学しています。先日、体調を崩して2日欠席したのですが、2日目には「学校行きたい!」とアピール。あと1日様子を見ようかと思いましたが、体育を見学、予定していた放課後等デイサービスを休むことを約束して、登校しました。学校には小児科で処方された薬を持参。服薬は錠剤が苦手で、これまで粉薬にしてもらっていたのですが、身長が165センチほどになり、粉ではかなりの量になるということでついに錠剤に。給食後に自分で飲めるよう、前日にシートから錠剤を取り出し、飲み込む練習をしました。まだすんなりと飲み込めないこともありますが、なんとか一連の動作を1人でできるようになり、「飲めたよ!」と自信がついたようでした。

 さて、そんな具合に一つ一つできることを増やしている悠平ですが、何度やっても苦手なものもあります。その一つが、四谷学院療育55段階・国語で取り組んだ慣用句です(療育55段階については2016年「夏休みの家庭療育&家庭学習」を参照ください)。「火花を散らす」「歯が立たない」など、よく耳にする慣用句。こうした表現は比喩的で言葉どおりの意味を指すわけではないので、概念理解や想像力に困難を伴う自閉症児には難易度が高いようです。プリントに取り組み、間違えるたびに説明をしましたが、聞き流してしまうようで、再チャレンジしてもまた間違えます。どうしたものかと思い、取り組みの様子を四谷学院に伝え、アドバイスをもらいました。

 仮面ライダーが好きなら、「ジオウとゲイツが火花を散らす」「ジオウはディケイドに歯が立たない」など、テレビを観ながら言葉がけできそうですね、とのこと。その手があった!っと思いました。自閉症児は興味・関心の幅が狭いので、それを逆手にとって、学習の糸口にするやり方です(2012年「発達障害啓発週間によせて~ブックレビュー2」を参照ください)。

 さっそく、現在放送中の仮面ライダージオウや以前に観ていた仮面ライダービルド、ルパンレンジャーvsパトレンジャーなどに登場する主要キャラクターの力関係や特徴を素材に問題を作ってみました。
【問題】
・ウォズはゲイツ・リバイブに(歯が立たない)。
・ジオウ・ツーとアナザー・ジオウが(火花を散らす)。

・パトレンジャーが異世界につれていかれて(途方にくれる)。

・圭一郎は(気が短い)ので、すぐおこる。

 

 悠平はそれまでのプリントとは打って変わって、やる気満々。以前は当てずっぽうで答えていたのですが、仮面ライダー等が登場すると、しっかり意味を考えて、あっという間に正解できるようになりました。その後、四谷学院の復習プリントに戻っても正答。ちゃんと記憶に残ったようです。

 悠平には悠平に合った学び方があるのだなぁと再認識。正義の味方は今回、国語の味方となり、息子と母の味方にもなってくれました。

世界自閉症啓発デーに悠平の小学校生活を振り返る(3)完

 最終回は、療育・学習です。

【療育・学習】
 悠平に知的障害があると分かった当初、かなりの衝撃を受け、少しでも知能を向上させたい、分かることを増やしてやりたいと思いました。療育に通い、家庭でも取り組みを始めると、知的障害があっても学ぶ力はあるのだと分かり、知能の向上に躍起になるのではなく、悠平の将来に役立ちそうな事柄を悠平に合ったやり方で教えていくことが大切だと思うようになりました。時々、壁にぶつかりますが、「どうして分からないの?」と悠平を責めるのではなく、「どうして伝わらないのか、どうやれば伝わるのか」を試行錯誤するようになったのは、私自身の変化です。

 具体的な学習目標は、人とのやりとりにおける理解力・表現力につながる基礎的な読み書き・語彙力、お金・時間・単位の理解につながる算数力です。日常生活に生かせることを長期的な目標に、その時々で短期的に「今の目標」、中期的に「〇学期、〇年生の目標」を考えながら取り組んでいます。
 療育・学習の目的は生活の利便性・QOL(生活の質)の向上です。同時に、思考すること、努力する姿勢の獲得です。知的な限界はいずれ見えてくることと思いますが、そのときには代替手段を考えたり、必要な支援を得られるようにし、悠平なりの「自立」を後押ししていきたいと思います。

<主な関連過去記事>

yuheipapa.hatenablog.com

yuheipapa.hatenablog.com

yuheipapa.hatenablog.com

yuheipapa.hatenablog.com

yuheipapa.hatenablog.com

 そのほか、療育・学習の過去記事は、右側カテゴリーの「療育」を参照ください。
 3回続きの振り返りは、今回で終了です。悠平はついに中学部に進学。本人はやる気満々です。「悠平と歩く道」はまだまだ続きます。

世界自閉症啓発デーに悠平の小学校生活を振り返る(2)

 今回は身辺自立を振り返ります。

【身辺自立】
・偏食
 悠平に限らず、自閉症のお子さんには偏食が多いようです。悠平は離乳食のころは比較的何でも食べていたのですが、ある時から、それまで食べていたものを拒否するようになりました。幼児期は白いご飯とから揚げ、リンゴがメイン。どうなることかと思いましたが、小学校に入学し、給食時の先生方の働きかけと、周囲のお友達の刺激により完食できるようになっていきました。家ではまだまだ好き嫌いが多いのですが、相当に改善されました。

・箸
 手先の不器用な悠平は、幼児期、スプーンやフォークがなかなか使えず、手づかみの時期が続きました。保育士の働きかけで食具が使えるようになり、療育でトングやピンセットで挟む動作の練習を重ねた結果、補助箸を使うことができるようになりました。補助箸使用が数年続き、OT(作業療法士)の助言を得て、補助なしの箸へと移行しました。現在は、魚やハンバーグなどを細かく切り分けるには支援が必要ですが、ほぼ、箸で食べられるようになっています。

yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

・着替え(ボタン、ファスナー)
 幼児期の療育課題で、「目と手の協応」課題として取り組んでいた、穴や切込みに物を通す課題。これが、ボタン穴にボタンを通す動作につながっていました。また、ファスナーも課題として取り組んだのちに、着替えに移行したので、すんなりできるようになりました。本人にとっても、自信につながったようです。

yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

・一人寝
 幼児期は親子で一緒に寝ていたのですが、一人で寝る習慣を早めにつけようと、小学校入学後、生活が落ち着いたのを見計らって、子供部屋の独立・構造化に着手。「ここが悠くんのベッド」と見せることで、抵抗なく、むしろ本人はちょっぴり大人になった気分で移行することができました。とはいっても、当初は寝付くまで傍で待機。ちなみに今ではyuheipapaが「一緒に寝ようか」と声をかけても、「一人で寝る」と言って、部屋のドアをバタンと閉められてしまいます(笑)。

yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

・入浴
 学校で乾布摩擦の授業があり、その手順書をパウチして、浴室に置いておきました。それを見ながら体を洗う練習をし、一人でできるようになったのを見計らって、一人入浴にチャレンジしました。当初はやはり不安だったようで、私が脱衣所で待機。時々、声を掛けながら、一人入浴に完全移行しました。見たいテレビがあると、ものすごく早く上がったり、浴室で鼻歌やひとり言を長々と繰り返してなかなか上がらないこともありますが、完璧を求め過ぎず、自立を優先しています。

yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

 最終回は【療育・学習】についてです。

世界自閉症啓発デーに悠平の小学校生活を振り返る(1)

  妻(yuheimama)です。4月2日は世界自閉症啓発デー、2日から8日までは発達障害啓発週間です。今年は、悠平の小学校6年間を振り返り、どのような支援や試行錯誤を経て発達してきたかを3回にわたってまとめたいと思います。パニックやこだわりに振り回されていた幼児期は、先が見えずに本当に苦しく、不安な日々でしたが、少しずつ、でも確実に成長してきました。支援と発達を考える一材料にしていただければ幸いです。

【パニック】
 悠平の場合、ピークは小学校低学年まででした。視覚支援で見通しを持たせたり、選択肢を与えて悠平自身に選ばせるなど、手探りの日々でした。今、振り返ると、そうした取り組みの積み重ねと、学習による認知力の向上、経験の蓄積によって、許容範囲が広がっていったように思います。小3ごろから自分でパニックをコントロールしようという姿勢が見られるようになり、今では固まったり、涙ぐむことはあっても、パニックを起こすことはなくなりました。
<主な関連過去記事>

yuheipapa.hatenablog.com


yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

 


yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

【こだわり】
 乗り物好きの悠平は、乗り物に対して独特のこだわりがあり、ずいぶんと悩まされました。その一つが、自分が乗り物から降りた後に「出発進行!」と言って見送ること。これで一番困ったのは、電車(特に新幹線など)の終点で降りると、その電車が再出発するまでホームから動けなくなることでした。やむなく、終点の1つ前で降りるなど、対策を考えました。また、自分が気に入った車を見つけると、これまた「出発進行!」と言って、見送ります。気に入った車が駐車場に入ったときなど、顔面蒼白です。1時間近く動けず、無理に連れ帰そうとすると大パニック。抱えて、引きずって、私の肩と腰は毎度、ガタガタでした。あれほど苦しんだ出発進行ルールでしたが、満足するまでこだわったからか、いつの間にか「バイバイ」と小さく手を振って通り過ぎることができるようになりました。ちなみに今でも、バスや電車は言うまでもなく、エレベーターやエスカレーターにもバイバイしております。
 もう一つ、強烈なこだわりが生活習慣へのものです。スクールバス乗り場への送迎は母でなければダメ、学校は平日に行くものなので土曜の行事には行けない、放デイに行くのは〇曜日だけ等々。一つずつ、家庭―学校―放デイで情報共有・連携して声がけや約束をして、数年がかりで適応を図ってきました。できなかったことができるようになると、本人の自信につながり、自己肯定感が向上するように思います。
<主な関連過去記事>

yuheipapa.hatenablog.com

 


yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com


yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

 

yuheipapa.hatenablog.com

次回は【身辺自立】についてです。